ハートピア、手をつなぐ親の会の総会に出席して

image

大変お久しぶりです・・!
5月なのに蒸し暑い日が続いております。
今日は、午前9時から小平市福祉会館にてNPO法人小平ハートピアの総会に
午前10時から同じく福祉会館にて小平市手をつなぐ親の会の総会に出席しました。

 ハートピアは精神保健福祉の観点で、精神しょうがい者の自立を目指し、様々なテーマで学習会活動を行っています。例えばドラッガーのマネジメント、アドラーの心理学、認知行動療法の学習などです。現在はスティーブンRコヴィーの「7つの習慣」について取り組んでいるとのこと。国立精神・神経医療研究センター病院のデイケアの畑作業も引き続き28年度も行っていくそうです。
 手をつなぐ親の会は、知的障害のある人のまわりにおこる問題点に取り組み地域社会の理解と関心を高めていく活動をしています。本年4月から施行される、しょうがい者差別解消法について話題になりました。
 また会の活動では、警察にも知的しょうがい者について知ってもらうために何度も足を運び話し合ってきたとのことです。その結果小平警察署管内の交番や、パトロールカーに手をつなぐ親の会が発行した、パンフレットおいてもらえるようになったとのこと。
 知的しょうがいを持つ人の中には、買い物が苦手な人もいて、店の人とトラブルになることもあるそうです。そうした時に、しょうがいの特性を理解する警察の方が上手に対応してくれることが出てきたという話を聞きました。
 しょうがいのある人が生きやすい社会づくりは、しょうがいの特性を知り、理解していくことからだと改めて感じました。
 このような活動を応援していきたいと思います。